作業者

ロレックスはオーバーホールで長く愛用する|気になる料金相場

大切な時計を長く使う

ウォッチ

ロレックスは定期的にオーバーホールを行なうことで、一生物の時計として持ち続けることができます。日ごろの保管場所や使用後のメンテナンスをしっかりすることで、よりいい状態で時計を長持ちさせることができます。

昔のアクセサリーを復活

アクセサリー

使わなくなったアクセサリーや、壊れてしまったものをリフォームすることができます。ジュエリーのリフォームを利用すればリーズナブルな価格で、新しいアクセサリーを手に入れることができます。石だけしかない場合でも相談してみましょう。

価値観とパーツ交換の関係

時計

パーツ交換の有無が影響

スイス製の高級腕時計ロレックスは、ズッシリとして高級感あふれる輝きがあり、機械式腕時計として長年人気を誇っています。デイトジャスト機能やパーペチュアル機能そして優れた防水性能を兼ね備えているためです。またロレックスは実用性とメンテナンスを重視して製造当初から作られているため、搭載されている機能の割には、いたってシンプルな構造となっていますので、ロレックスのオーバーホールはしやすいと言われています。しかしロレックスのオーバーホールの料金は高いと思う方も少なからずいるのではないでしょうか。なぜ高いのかそれは、ムーブメントをすべて分解し洗浄からパーツ交換・注油・調整をして一から組み立てると言った手間がかかりますし、場合によっては本場スイスに送らなければならない事も時折りあるため相応の料金になってしまうのです。そして構造が複雑なモデルほどオーバーホールの期間が長くかかり費用も多くかかる事があります。日常の手入れをこまめにすることなどで、オーバーホールの料金を抑える事も可能であると言えます。簡単に言いますとパーツの交換をするか否かとオーバーホールのサイクルで料金は変わってくると言えます。

所有者の価値観で決まる

ロレックスのオーバーホールの目安について少し説明します。メーカーの推奨は3年ですが、防水性能に問題がなければ5年程度のサイクルでオーバーホールを行っても問題ないと言えます。しかし5年もたつとやはり、オイルが蒸発してしまう事やパッキンの劣化が出てきます。ですが10年以上たってからロレックスの異常にきずきオーバーホールを依頼する方が多いとも言われています。頑固で丈夫に作られているため、動き続けてしまうのです。ロレックスのオーバーホールの料金は、正規代理店か高級腕時計専門の修理店に出すかの選択肢が2つあります。オーバーホールと保証を重視するかなど、ロレックスを所有する方の価値観で料金は、大きく変わってきます。また店舗によっては30年以上経過した物は取り扱わないところもあります。また反対に希少価値の高いアンティークロレックスのメンテナンスの可能な店舗もあり料金もリズナブルな上に保証もしっかりついている店舗もあります。料金は、ロレックスのモデルや状態により2万円程度から10万円程度まであり交換するパーツの代金は含まれていない事がありますので注意が必要です。

業者選びが決め手

ジュエリー

ジュエリーのリフォームを考えているなら、慎重に選んでおく必要があります。ホームページを見て決めるのではなく、口コミなども参考にしておくのがおすすめで、どうしても不安なら、保証があるところに行きましょう。